2016_10
17
(Mon)19:16

肩の痛み50肩など

今日は50肩などの肩の痛みについて当院の考え方を説明したいと思います。

まず痛みの仕組み?というか、痛みについて!

①何をしていても常に痛みが出ている時ってありますよね?
 そういった場合は、だいたいが筋肉が伸びきっている状態です。

②そして、動かして痛みが出る場合
 筋肉が縮み過ぎている場合が多いのです。

例えば50肩
腕を上げようとすると痛みが出る 殆どの方がこの症状です。
これは、筋肉が縮み過ぎていて、上げようとした時に正常な筋肉の伸縮運動が出来ていない状態なんです。

例えば巻肩が酷い猫背(肩が前に出ていて胸が張れない状態)
骨盤の歪みが酷い

他にも理由は沢山ありますが、代表的な症状が上の状態にあります。
筋肉が縮む=正常に伸びない=痛み

なので、リハビリ等で軽い物を持って動かすという行為は縮んだ筋肉を鍛えているということになります。
それは逆効果に繋がっているかもしれませんね?
縮んだ筋肉を柔らかく正常な伸縮が出来るようにしてあげないと痛みは取れないと当院は感がえます。

今まで来院された方は全て、肩には触れず痛みを改善してきています。
ということは肩の痛みは肩に痛みの信号を出しているだけで、肩に原因が無いということが考えられます。

50肩や肩が痛くて悩んでいる方、肩が痛いだけで肩に原因はないかもしれませんね。
肩の左右の高さが明らかに違いませんか?
猫背は酷くないですか?
腰は痛くありませんか?
鏡で確認してみましょう^^